4月スタートから多数の申請実績、ノウハウも蓄積

2019年4月1日から、登録支援機関として登録を受けるための申請受付が開始されました。開始当初とあり登録申請が殺到しています。特定技能や登録支援機関は、制度が複雑で、仕組みを理解するためには時間や労力を要します。

登録支援機関の登録申請手続きは、特定技能や登録支援機関に精通した専門家・行政書士にお任せいただくのが安心・確実です。「登録支援機関.com」では2019年9月現在、数十件に及ぶ新規登録申請を手掛けており、審査が完了したものから順次登録が進んでいます。

登録支援機関に登録されるためには、様々な条件があります。ご依頼者様ごと様々なご状況にある中、「登録支援機関.com」では条件をクリアするためのノウハウも蓄積しています。登録申請の審査には2か月以上掛かっており、いち早く支援ビジネスを開始するためには早期の申請が必須です。登録支援機関をご検討の方は、お早めのご連絡をお勧めいたします。

書類作成・申請代理に留まらない手厚いサポートで安心

貴機関の登録が完了するまでの間、制度や業務についてメールや電話によるご質問への回答(特定技能ヘルプデスク)や外国人材に関する各種情報提供事業展開のコンサルティングなど、登録後の運営サポート(顧問契約)の一部サービスをご提供。登録後を見据えたご支援をさせていただきます。特定技能制度を熟知した行政書士による、書類作成・申請代理に留まらない手厚いサポートが、登録支援機関.comならではの特色です。

さらに、万が一の不登録時の再申請1回分登録後初回の支援実施状況届出を含んだ安心のサービスをご提供しています。

登録支援機関の登録申請に合わせて、
株式会社・合同会社・一般社団法人などの法人設立
職業紹介事業の許可申請(提携社会保険労務士のご紹介)、
登録支援機関PRのためのホームページ制作ON行政書士事務所または提携システム会社のご紹介)
も承ります。お気軽にご相談ください。

 リンク先ページ掲載の要件を、事前にご確認ください 

 

申請書類作成・申請手続き代理サービスの内容と料金

内容 サービス料金(税抜) 申請手数料
新規登録申請
※登録完了までの間の手厚いサポート、万が一の不登録時の再申請1回分、登録後初回の支援実施状況届出を含みます。
リンク先要件3の状況によって異なります
2年以内に中長期在留者受入れ実績:150,000円
2年以内に業として相談業務経験(士業):150,000円
2年以上中長期在留者の生活相談業務経験:200,000円
上記と同程度に支援業務の適正実施が可能:応相談
28,400円
更新申請(5年ごと) 今後掲載予定 11,100円

 

登録申請手続き代理サービスの流れ

1.お問い合わせ
まずはお気軽にお問い合わせください。
2.ご面談、メール・電話によるご相談
お話を伺いお客様に最適なご提案をいたします。
3.お見積り
手続きに必要な料金や費用をご提示します。
4.ご依頼
ご納得いただけましたら、行政書士との受任契約を交わします。
5.ご入金
業務着手前のお支払いをお願いしております。
6.必要な情報のご教示
書類作成に必要な情報をお伺いします(登録支援機関.com独自制作の入力フォーム使用)。
7.申請書類作成、必要書類手配
お客様に代わって書類の作成や、必要な書類の手配をおこないます。
8.内容確認
書類一式の内容をご確認いただきます。
9.申請手続き
お客様に代わって申請手続きを行います。
10.審査/行政書士による登録後を見据えたサポート
出入国在留管理庁にて審査が行われます(2ヶ月程度)。追加の書類提出などが必要な場合もあります。
また、上述した通り貴機関へのご支援を通じて、登録後を見据えた展開にお力添えします。
11.登録完了/登録後初回の支援実施状況届出
登録が完了すれば、登録支援機関として活動できます。
登録後初回の支援実施状況届出をいたします。
12.運営サポート(顧問契約)
運営サポート(各種書類作成&届出、特定技能ヘルプデスクなど)をご提供していますので、ご検討くださいませ。
13.法人設立、職業紹介許可、ホームページ制作
ご希望のお客様は、株式会社・合同会社・一般社団法人などの法人設立、職業紹介事業の許可申請、登録支援機関のホームページ制作もワンストップで承ります。

FAQ(よくあるご質問と回答)

忙しいので登録申請手続きをお願いできますか?
なるべく最短で申請が行えるよう努めます。まずはお問い合わせください。
登録支援機関の登録申請に必要な費用は?
「登録支援機関.com」の行政書士による登録申請手続きサービスの料金は、税抜20万円です(万が一の不登録時の再申請1回分、登録後初回の支援実施状況届出を含みます)。別途、新規登録申請時は28,400円の申請手数料を、国へ支払います。この合計が、ご依頼いただいた場合に必要な費用です(その他、遠方への出張費が発生した場合など別途頂戴する場合があります)。
登録支援機関や特定技能について、詳しくわからないのですが?
ご心配いりません。複雑な制度から必要な部分だけ、わかりやすくご説明し、お客様のご負担を最小限にいたします。「登録支援機関.com」では申請書類を基にした独自の入力フォームも開発・使用しており、登録支援機関として必要な要件や支援内容をご確認させていただいております。

 

「特定技能」「登録支援機関」専門の行政書士がご支援しますお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ